出演者インタビュー(6)ヨナオケイシ

%e3%83%a8%e3%83%8a%e3%82%aa%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%82%b7
LINEで送る
Pocket

(6)ヨナオケイシ編

 

(アヴァゲ)改めて、簡単な自己紹介をお願いします。

(ヨナオケイシ)ゲーム音楽を作っている与猶です。福岡県福岡市城南区出身。蟹座AB型。最近の仕事は、「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト 爪(ソウ)」アレンジを担当。2017/3/16に発売予定の「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」BGMを担当。

 

(アヴァゲ)自分の音楽作りに対する「こだわり所」を教えて下さい。エピソードがあれば、お聞かせ下さい。

(ヨナオケイシ)自分に素直に作る。あまり考え過ぎない。

 

(アヴァゲ)作品を創る上で、自分自身の活動の影響を受けたゲーム作品があれば教えて下さい。

(ヨナオケイシ)ゲームの作品の影響を受けた記憶はありません。ただ、ゲームでは無いですが、「KORG DS-10」で確実に人生が変わったと思います。

KORG DS-10…株式会社AQインタラクティブ(現・株式会社マーベラス)が2009年にリリースした、ニンテンドーDS用シンセサイザーソフト。コルグ社の往年の名機と言われているシンセサイザー「MS-10」をニンテンドーDSで再現し、ゲーム機で新たな音楽の表現を可能にしたソフトウェア。詳細はこちら

 

(アヴァゲ)当ライブにお越しになる方に向けて、「予習」として触ってほしい自ゲーム作品を教えて下さい。また、エピソードがあれば、お聞かせ下さい。

(ヨナオケイシ)星霜鋼機ストラニア(グルーヴコースターも!)、この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO、蒼き雷霆 ガンヴォルト爪(2つって言われたけど^^;)

 

(アヴァゲ)最後に、ライブにお越しになる方に向けて、一言お寄せ下さい。

(ヨナオケイシ)福岡の食べ物を楽しみにしてます!!

 

   
 

※写真は「OUT NOW(初代)」、「同 2015」開催時の模様です

・公式ウェブサイト http://yonao.com

 


 

往年のMSXやPC98、そして現在は家庭用やアーケード作品等にも楽曲を提供する一方、チップチューンや「DS-10」を活用したサウンドにてライブを行う等、音に貪欲、そして意欲的なサウンドクリエイターです。
OUT NOW ではDJで出演しています。
毎回サウンドはテンション高めで、これでもか!と言わんばかりの波を打ち上げ、フロアを盛り上げます。

 

【ライブ前に予習するならこれだ!】

ライブでは定番の作品、そして(1)佐藤豪BAND編の紹介時にも挙げました「星霜鋼機ストラニア」をプレイすると良いでしょう。
ストラニア軍とバウアー軍の2つの視点から体感出来る横画面縦スクロールシューティングで、一つひとつの演出がとても濃く、その中をヨナオサウンドが響きます。

尚、(2)COSIO編でも紹介しました「グルーヴコースター3 リンクフィーバー」内に於いて、イベント「超シューティングゲーム祭」の中の楽曲として、SideStrania “BOSS2”(※ストラニアサイド2面ボス曲)が収録されています。
余談ですが、サウンドに加えて、本編の演出をワイヤーフレームで再現している部分等にも注目!

それぞれの作品で、楽曲を楽しんでみて下さい。

引用:Xbox360『星霜鋼機ストラニア』プロモーションムービー第2弾
(株式会社グレフ YouTube内グレフチャンネル)

星霜鋼機ストラニア(Strania -The Stella Machina-)(グレフ:Xbox360、アーケード、Steam)
http://www.grev.co.jp/str/

 

また、こちらは今後発売予定の作品ですが、ぜひ知っておきたいタイトルが、2017年3月発売の「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」です。元々はPC-98(パソコン)等で発売されたアドベンチャーゲームですが、今回、家庭用ハードに完全リメイクとして復活します。

当時体験したユーザーと、新たに触れるユーザーが、同じ作品、同じ音楽でクロスオーバーする日は、間もなくです。

引用:PS4/PS Vita 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』 オープニングムービー
(5pb.Games YouTube内5pb.Gamesチャンネル)

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(MAGES.:PS4/PS Vita)
http://yu-no.jp/

※上記は手掛けた作品を知っていただく目的でリンクを掲載しています。必ずしもライブで演奏するとは限りませんので、あらかじめご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">